« イタリアの給食 3  ≪ デザート≫ テレビから | トップページ | 宮城県多賀城市「あやめ園」へ »

真竹の筍

Cimg7341

真竹の筍もうそろそろ終わりのようで、

皮の下から鮮やかな真緑の色が見え、

あちこちで竹になりつつあります。

今年も、友達や叔母からもらったり、実家の

竹やぶから採ったりと筍料理をたくさん味わいました。

真竹についてしらべてみると

  真竹の筍は、孟宗竹より時期が遅く、6~7月頃に収穫され、細長くて

  皮に黒い斑点があり、アクは少なめで果肉はやわらか。

  アク抜きの必要はなく、皮をむいて水からゆでて調理できる。

  おもな効能

  高血圧予防、心筋梗塞予防、脳梗塞予防、動脈硬化予防、

  便秘改善

なんといっても、「茹でてすぐ食べられ、手数がかからない」

いうのが、最高です。

採れたての筍の皮をむくと、今から竹になろうとするパワー」

ムンムンと感じられ、私まで元気になるように思います。

|

« イタリアの給食 3  ≪ デザート≫ テレビから | トップページ | 宮城県多賀城市「あやめ園」へ »

料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。