« 石巻の「絵葉書」 | トップページ | 2日間限定の商店 »

「弓」に纏わる慣用句

Cimg6678先日立ち寄った道の駅で、「 伊達政宗一族」の

「甲冑」の展示を見て、弓」について

調べていたら、「弓」に纏わる慣用句」

いろいろあることを知りました。

弓と弦 - 曲がったものと真直ぐなものとが

      相並んでいることの喩え。

  • 弓を外す - 戦いを終えること。
  • 弓の弦を切る - 降伏すること。
  • 弓張り月 - 上弦の月・下弦の月のことをさす。
  • 弓手(ゆんで) - 弓を持つ方の手、すなわち左手のこと。
  • 日常これらの言葉を耳にすることは、ほとんどありませんが、

    慣用句として覚えておきたいと思います。

  • |

    « 石巻の「絵葉書」 | トップページ | 2日間限定の商店 »

    生活」カテゴリの記事

    コメント

    この記事へのコメントは終了しました。