« 「たたみのへり」のバック | トップページ | 2012・「秋刀魚の開き干し »

「脳番地について」 ②   私の「脳番地」!

7月、仙台の東北福祉大学で、開催された《元気、健康セミナー》の

「脳を知って、そしてきたえる」という講演を聴きに行ってきたことは、

過日、ブログで紹介しましたが、そのとき、その受講者の中から抽選で10名、

無料で『脳番地診断』をしてくださる」聞いて帰ってきました

(診断料は、有料の場合15.750円だそうです)

Cimg5627 これに私は、首尾よく当選し、検査をしていただく

ことになりました。

この検査の結果が8月下旬、一人ずつ冊子にまとめて、

手渡されました。

自分の「{脳番地のスコアやバランス」、「脳番地の個性」、

「脳番地8系統の分析」、「自分の脳の使い方の特徴}や{脳をぐんぐん

伸ばすためのポイント」など、図解や円グラフ、棒グラフで

わかりやすく説明されていました。

私は、思っていた以上に脳番地の数値が高かったので、

びっくりでした。

私のもっとも得意な脳番地は、運動系でした。

この脳番地が強いということは、老いても若さを保つ秘訣だそうです。

あまり使っていない脳番地は、伝達系で、目を通して脳に

取り入れた情報を一時的に保持したり、イメージをアウトプットしたり、、

する経験に乏しいとのことです。

その他、成長が著しい脳番地や、伸び悩んでいる脳番地、

脳番地のタイプなど今までわからなかったたくさんのことを教えて

いただきました。

私の脳を伸ばすポイントは、俳句、短歌を作ったり、、絵やイラストを

描くようにするといいと知りました。

これからも『生き生き脳』であり続けられるよう、今回の検査の

結果を生かして、生活していきたいと思っています。

脳は、いくつになっても成長するそうですから、、、。

東京て受ける検査を、仙台で受けられたこと、本当に

ありがたく思います。

   ー 7月25日のブログ -

Cimg5433医学博士、発達脳科学脳機能生理学・

「元気、健康セミナー」があり、

東京脳学校の代表で、小児科専門医、

脳画像MR・脳機能計測の専門家であられる

「加藤俊徳先生」の講演をお聴きしました。

テーマは「脳を知って、そしてきたえる」。

そのためには、自分の脳番地というものを知ることだそうです。

脳番地には、

・ 思考系脳番地

・ 運動系脳番地

・ 理解系脳番地

・ 伝達系脳番地

・ 聴覚系脳番地

・ 感情系脳番地

・ 記憶系脳番地

・ 視覚形脳番地

の8つに分けられるそうです。

そして、これらを診断するSRI脳番地診断」というのがあることを

知りました。

この診断により、もっとも「得意な脳番地」、「成長が著しい脳番地」、

「伸び悩んでいる脳番地」、「老化している脳番地」を知ることができ、

改善に向けてどう生活習慣を変えていけば良いか、どんな

脳のトレーニングをすれば良いかを考えるヒントを得ることが

できるそうです。

「脳はいくつになっても成長する」するというお話や、

「高齢者の脳で、新しく神経細胞が生まれる」ことを発見された

加藤俊徳先生のSRI脳診断」とても興味があります。

私もいつか受けてみたいと思いながら、家路に着きました。

|

« 「たたみのへり」のバック | トップページ | 2012・「秋刀魚の開き干し »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。