« 甘酢入り『紅花漬け』 | トップページ | 2012 「山形紀行」  1  「雪国の春」 »

山椒入り味噌

Cimg5204 庭の山椒の木の若芽を摘んで

すり鉢ですり、味噌とあわせて山椒味噌

作りました。

それを焼きおにぎりに塗って、山椒の香りを

味わいました。

すり鉢で山椒をすっているときは、Cimg5212山椒の香りが

強かったのですが、おにぎりに塗って少し

加熱したら、香りがかなり薄くなりました。

私は、かつて山椒について調べたこと

思い出しました。

「山椒には、男木と女木があり、その違いは、段違いに枝が

ついているのが(写真)男木で、香りが薄く、女木は左右同じ位置に

枝がついており、香りが強い」ということでした。

私の家の山椒は、「男木」だったので、香りが薄かったんですね。

香りの強い「女木の山椒」にめぐり合ってみたいものですが、

若芽の季節もそろそろ終わりなので、今年は無理かもしれませんね。

|

« 甘酢入り『紅花漬け』 | トップページ | 2012 「山形紀行」  1  「雪国の春」 »

料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。