« 「米粉」のカステラ | トップページ | 方眼編みのマフラー »

「火力発電所」

火力発電所の運転再開ということをよく耳にするようになり、

これまで考えたこともなかった「発電」について、関心をもつように

なりました。

Cimg4720 先日、東北電力からきたパンフレットを見ると、

東北地方にも、自社火力、企業グループの

火力の発電所がこんなにもあるという

ことを初めて知りました。

火力発電とは、石炭、石油、天然ガスなど燃料とし、

それらを 燃やしてお湯を沸かし、その蒸気の力で蒸気タービンを

回転させて、電力を発生させるのだそうで、蒸気機関車の原理と

同じということも分かりました。

私たちが今使っているくらいの電力の量を、この火力発電で

まかなうとしたら、それはそれは、大変な燃料の量を必要とし、

有限な燃料を考えると、これもまた問題だなと思いました。

太陽光を利用した発電も近頃話題になっていますが、

普及するまでには、まだまだ時間がかかりそうでし、、、。

|

« 「米粉」のカステラ | トップページ | 方眼編みのマフラー »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。