« 「きささげ」という木 | トップページ | 豆腐の燻製と味噌漬け »

宮城蔵王「きつね村」見学

2011_1019_125855cimg4300 蔵王のエコーラインに行った際、蔵王の

ふもとにあるキツネ村に寄ってきました。

100匹のキツネが放し飼いにされている

放牧場です。

日中なので夜行性のキツネは、丸まって寝ていましたが、人が近付くと、

2011_1019_130436cimg4302 起き上がったり、寄ってきたりするキツネも

いました。

入る前に、絶対に手をださないこと、

持って行ったかばんには、さわらないこと、

背を向けて逃げださないことなど説明をを受けたので、

とても緊張しながら、園内を歩いてきました。

キツネは、「餌をもらえるのでは」と察すると、ねだって引っかいたり

かみついたり2011_1019_130410cimg4301 することも、あるからだそうです。

ここで飼育さているキツネは、キタキツネ、ホッキョク

キツネ、ギンギツネ、ホンドキツネ、プラチナキツネ、

十字キツネだそうです。

「キタキツネ」しか知らない私は、こんなに種類があることを知りましたが、

調べて見ると、狐には、ものすごい数の種類があると分かり、

びっくりでした。

また、このキツネ村には、テレビの「天才志村動物園」や

映画「子ぎつねヘレン」に貸し出されたキツネもいるそうです。

「子ぎつねヘレン」の映画を、You Tubeで見て、

可愛い子ぎつねを見ることができました。

2006年に映画化されたのだそうです。

|

« 「きささげ」という木 | トップページ | 豆腐の燻製と味噌漬け »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。