« ゴ―ヤ  4  ゴ―ヤの種の色 | トップページ | 「名字」について »

「家紋」について

市の図書館に行ったら、新刊コーナーに「家紋と名字」という

2011_0928_132714cimg4221_2 面白そうな本があったので、借りてきました。

家紋の源流は、すでに縄文時代の土器の

縄目文様にあったそうで、現代では、

25000種以上の家紋が作られているそうです。

家紋は、最初は美しさや目立つなどの見たで選ばれていたそうですが、

種類が多くなってくると、家紋に意味を持たせるようになり、6種類に

分類されるようになったとのことです。

尚美的意義…文様紋 形状が優美なため用いられた

指事的意義…名字紋 名字にちなんだもの

瑞祥的意義…瑞祥紋 縁起の良いことに意義づけたもの

記念的意義・・・記念紋  一族や先祖の名誉を記念したもの

尚武的意義…尚武紋  武具など、武勇的意義を込めたもの

信仰的意義・・・信仰紋  信仰の念を込めたもの

「家紋」について、まったく考えたこともありませんでしたが、

「家紋」という「家紋」ががこんな風に意義を持っていた知り、

驚きました。

2011_0930_095725cimg4227 我が家の家紋は、五三の桐≫なので

≪瑞祥紋≫と呼ばれる家紋と分かり、その由来も

知ることができました。

子供たちにも伝えておきたいと思います。

歴史上の人物の家紋の由来も、詳しく書いてあり、

とても興味を持って読みました。

時には、違うジャンルの本を読むのもいいですね、脳の活性化に、、、。

 

|

« ゴ―ヤ  4  ゴ―ヤの種の色 | トップページ | 「名字」について »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。