« 山形にて  3  「干しゼンマイ」の作り方   | トップページ | 山形にて  5  「干し蕨作り」に挑戦 »

山形にて 4    蕨の「あく抜き」

わらびの「あく抜き」は、「木灰を入れた熱い湯に、一晩蕨を入れて

あく抜きをする」と教えられました。

今まで蕨のあく抜きは、重曹と思っていたので、木灰もいい」ということが

分かりました。

帰りに、道の駅に寄ったら、「蕨のあく抜き用」として、たくさん木灰が

売られていました。

私は、自分の収穫した蕨のほかに、さらに親せきからもいただいてきたので、

「あく抜き」に夜遅くまで、孤軍奮闘しました。

翌日には、柔らかく、ぷりぷりしたおいしい蕨を、ご近所さんにもおすそわけし、

大変喜ばれました。

私は、木灰であく抜きしたほうが、柔らかくなるような気がしました。

2011_0606_083106cimg1680_2 蕨は、一本のまま一晩麺つゆにつけておくと

おいしいし、日持ちもする教えらたので、

さっそく作ってみました。

食べきれない蕨は、昨年、試してOKだった

冷凍にしました。

|

« 山形にて  3  「干しゼンマイ」の作り方   | トップページ | 山形にて  5  「干し蕨作り」に挑戦 »

料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。