« 被災地から  5    停電時の冷凍庫 | トップページ | 被災地から 7  被災した教え子を訪ねて  »

 被災地から  6  日頃の地震に対する意識

4月11日の河北新報に「宮城沿岸避難者アンケートの結果]

載っていました。それによると

「日頃から地震対策を意識していましたか。」という質問に

   強く意識していた   20.8㌫

   どちらかというと強く意識していた  46.4㌫

   どちらかというと意識していた    22.4㌫   

   ほとんど意識していなかった   10.2㌫

   その他    0.3㌫

意識していた人が、3分の2以上を占めていたそうです。

そして、耐震補強や家具の転倒防止、貴重品や食料、

水などの持ちだし準備をしている人が多かったそうです。

特に宮城県は、2008年や2003年にも震度6や7の地震を

経験しているので意識している人が多いのだと思います。

「あとは当分来ないだろう」なんて、気を緩めずに地震のことを常に

意識して生活したいと思っています。

|

« 被災地から  5    停電時の冷凍庫 | トップページ | 被災地から 7  被災した教え子を訪ねて  »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。