« 東日本大震災の被災地「東松島市」に住んで   | トップページ | 被災地から  2  「震災時、お助けグッズ」. »

被災地から 1  大地震の前兆 ?

あの大地震の2日前の3月9日宮城県で陸沖を震源とする震度5弱を

観測する地震がありました。

それから何回も続く余震に「強い地震がくるのでは」と思った私は、3月10日

そのことをブログに書き、下書きフォルダに入れておきました。

その日はいつもブログ休刊日にしている木曜日だったので、3月11日分として

書いておきました。

震災のあった日、私は前から予定していたパークゴルフに朝8時30分、

地震が来るなんて想像だにせず、心躍らせて出かけました。

午後も友達と2周ほどまわって2時30分ごろゴルフ場を後にし、車を

運転して帰る途中、人家が密集している電柱のたくさんある通りに

差し掛かった瞬間でした。左輪が道路の穴に落ちたのではと思うほどの

音と傾きに何が起きたのか、とっさに判断できませんでした。

そして、土中に深く埋まっているはずの電柱が、あんなに揺れるとは、、、。

私は、一瞬、「この電柱が倒れてきて死ぬかも」と思ったほどです。

そこは、海からか10㌔以上離れている農村地帯です。

カーラジオは「大津波がきます。直ちに避難してください。」と絶叫に近い

声でアナウンスしていました。

私は、海から3㌔ほど離れている自宅に向かって車を走らせましたが、

近所では地震の強さだけが話題になり、みんな「大津波がきてもここまでは

来ないだろう」と思っていたようです。

でも、あとで津波は自宅の500㍍手前まで迫っていたと聞き、ぞっとしました。

「1978年の宮城県沖地震」、「2003年の宮城県北部地震」、「2008年の岩手、

宮城内陸地震」の時も。その数日前から地震が何回もきてから、 

「ドカン」と強い本震が来たので、「今回も危ないのではと」思っったことは

確かです。

「備えあれば憂いなし」 弱い地震でも地震が続いた時は、「本震の前兆」と

心得て、それなりの覚悟をしておいたほうがよいと思います。

そして、怖い怖い津波の襲来があることも、、、。

≪3月11日にアップする予定だった私のブログ≫  3・10に書く

一昨日、私の住んている宮城県で、三陸沖を震源とする震度5弱を

観測する地震がありました。それから震度1~4の余震がずっと続いて

います。

「天災は忘れたころにやってくる」

まさにこのとおりです。

2年前、震度6強の岩手県南部内陸地震で宮城県県北も大変な

被害に遭いました。

そして、2003年には、震度6強と弱を1日に3回も経験した宮城県

北部地震、思い出すだけで、ぞっとしますが、時間とともに

忘れかけていることも確かです。

私は、この日、地震の時のために物置に準備しておいた「リュックの必需品の

点検とポリタンク2個の水」の交換をしておきました。

今後30年以内に想定される「宮城県沖地震」とは、今回の地震は関係

ないとのことですが、「これが契機となって起こりうるので」はと心配でもあります。

心配が的中しませんように、、、。

|

« 東日本大震災の被災地「東松島市」に住んで   | トップページ | 被災地から  2  「震災時、お助けグッズ」. »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。