« 函館への旅 6 「 土方・啄木浪漫館」 | トップページ | 函館への旅 7  「函館」と「箱館」 »

2011・女の小正月

Cimg1398 2月18日、今年も東松島市の「蔵しっくパーク」で

行われた「女の小正月」に参加しました。

これまでも何回もブログで紹介してきましたが、

元旦を大正月というのに対して、小正月

いうのだそうです。

この小正月はCimg1400、お正月に疲れた

女の人を労わろうという行事だそうですが、

この日も男性スタッフが中心になって

おもてなしをしてくれました。

当地のおCimg1407正月料理になっている「ハゼ出汁」の

お雑煮や、一年間の邪気を祓い、無病息災を

願って食べる小豆粥が必ず出るので、

毎年楽しみにしている行事です。

今年のメニューは、柿なます、春野菜、福豆、おつくり、なめた鰈、

菜彩鶏の香草焼き、茶わん蒸し、小豆粥、雑煮、海苔うどん

香の物、デザートでした。

また、今年は新発売になったばかりの東松島産の海苔を入れた

「海苔りうどん」が(写真下)ふるまわれ、、初めて味わうことができました。

しこしことした歯ごたえのあるうどんで、おいしかったです。

写真(中)の菜彩鶏の香草焼きの塩は、前日フランスから帰られた方が

買ってきたモンサンミッシェルのを使って焼いたのだそうです。

このお話を聞いたら、なんか上品な味がしました。(笑)

|

« 函館への旅 6 「 土方・啄木浪漫館」 | トップページ | 函館への旅 7  「函館」と「箱館」 »

料理」カテゴリの記事

コメント

小正月って、毎週あってもいいですね(笑)

投稿: Lisa | 2011年2月28日 (月) 23時28分

私もそう思います。(笑)
せめて気持ちだけでも、「小正月の気持ち」が
欲しいですね。

投稿: rin | 2011年3月 1日 (火) 07時21分

この記事へのコメントは終了しました。

« 函館への旅 6 「 土方・啄木浪漫館」 | トップページ | 函館への旅 7  「函館」と「箱館」 »