« ポケットパン | トップページ | 「鯵の開き干し」を揚げる »

「落語」を聴く

2010_1202_080236cimg1051 11月下旬、春風亭小朝師匠の独演会を聴きました。

演劇でもコンサートでもそうですが、生の舞台は、

迫力があり、演じている方の一生懸命さが直に

伝わってきて、心に響くものがあります。

落語は、扇子や手ぬぐいの道具だけで演じる話芸ですが、

その巧みさに本当に感心してしまいました。

特に話の中に出てくる食べ物によって、変える言葉の発し方やトーン、

食べ物が口の中に入っている時のしゃべり方など、細かい

ところまでものの見事に表現、すっかり脱帽しました。

もちろん笑いの場面もたくさんあり、大いに笑って楽しい

ひと時を過ごしてきました。

今日もある会のパーティのアトラクションで、地元の落語家の

落語を聴く機会があり、大笑いして帰ってきたところです。

笑いは、免疫力を高め、NK細胞の活性化にもつながる

言われています。

最近は病院などでも落語を聴かせるところがあるそうです。

゛笑う門には福来たる゛ですものね。

これからは、健康のためにも、テレビの落語なども聴きたいと

思っています。

|

« ポケットパン | トップページ | 「鯵の開き干し」を揚げる »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。