« 金箔の入ったキーホルダー | トップページ | パソコンの翻訳機能に感歎 !! »

「豆餅作り」再度チャレンジ

以前にも、豆餅作りに挑戦しましたが、餅に入れた豆が

つぶれてしまい、どうすればいいのかと

思いつつ、何年か過ぎてしまいました。

2008.9.20のブログより抜粋

餅つき器で餅をつき、ほとんど餅になってから大豆を

入れるのですが、1507どうしても大豆がつぶれてしまいます。

また、餅つき器から餅を出して豆を入れ、ヘラで

混ぜ合わせてみたこともあります。が、餅が

ヘラについてうまく豆が混ざり合いませんでした。

先日、片づけをしていたら、餅つき器についてきた

「マニュアル」が見つかったので、今度はそれをみて、再度

「豆餅作り」に挑戦てみました。

それには、ある程度餅になってから、「洗った豆をそのまま

投入する」と書いてありました。

私は、「硬い豆は餅を切る時に切れないのでは」と思い、豆を

水にうるかしてから投入していました。

だから、やわらかくなって粉々にな2010_0316_185056dsc06121ったんですね。

生のまま入れても、餅の熱で柔らかくなり、

切り口がきれいに切れることが分りました。

2日ほど干してから、少し小さく砕いて、油で揚げ、

2010_0322_102715dsc06159 あじ塩をかけてあられ風にして

美味しく頂きました。

今回で、豆餅のつき方が分り、

スッキリです。(笑)

|

« 金箔の入ったキーホルダー | トップページ | パソコンの翻訳機能に感歎 !! »

料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。