« 「綾小路きみまろ」ライブ | トップページ | へそ大根 »

冷めてもおいしいご飯 「ゆきむすび」

一度食べてみたかった「ゆきむすび」という米が

宮城県大崎市の道の駅で売っていました。

この米をおにぎりにして売っている「むすびや」と

いう2010_0202_113155dsc05920_2 お店が開店したとテレビや新聞で知りましたが、

週末のみの開店だそうで、

平日行った私は、諦めました。

でも、お米が手に入ったので、

ご飯を炊いて味わうことができ、願いは叶いました。

「ゆきむすび」は、今、宮城県でいろいろと話題になっている

米です。

宮城県大崎市のHPによると

「ゆきむすび」は、2001年に「東北181号」という名前で誕生した、

耐冷、耐病、良食味の低アミロース米品種です。

減反政策が進む中、新たに品種として採用しようという動きは

ほとんどなく、長い間埋もれていた米でした。

これに注目した鳴子町(当時)で、鬼首地区の山間地で

「東北181号」を普及させる「鳴子の米プロジェクト」をはじめました。

長い間、冷涼な気候のために米づくりに苦労してきた

鳴子温泉地域の人たち。山間地で田を切り開き、一生懸命米を

作っても、平成18年度からは国の支援も打ち切られてしまいます。

そんなとき「こういう有望な米がある」と紹介されたのが

「東北181号」でした。「東北181号」は耐冷、耐病、良食味の

低アミロース米品種の開発を目標に、平成13年に誕生した

米でしたが、減反政策が進む中、新たに品種として

採用しようという動きはほとんどなく、長い間埋もれて

いた米でした。それまで、山間地に向くそんなよい米が

あることを誰もが知りませんでした。

「ゆきむすびは」地域と行政、地域と農家、都市と農村、

学生と農村を結んできた。将来、もっといろいろな人たちを

結んでほしい」という願からつけられた名前です。

2010_0203_103828dsc05924 この米は、見た目うるち米ともち米が

混じったような感じの米(写真左)ですが、

食べてみてもモチモチとした食感で、

見た目通りでした。

そして、何といってもこの米の本領発揮は、冷めてからの

ごはんのおいしさです。硬くならずにモチモチ感が

残ったままです。一昼夜たっても、美味しかったです。

私は、こういうご飯に、初めて出会いました。

本当にお結びにぴったりのお米だと思います。

これからも、「ゆきむすび米」のために頑張っている

鳴子の米プロジェクトの方々」にエールをおくりたいです。

※アミロ―ス(国語辞典より)

  でんぷん粒を構成する主成分の一つ。グルコースが長い鎖状に

  連なったもので、水に溶ける。

※グルコース (Yahoo!百科事典より

  代表的な単糖で、D型とL型があり、天然に存在するのはD型で、

  ブドウ糖ともよばれる。グルコースは白色の粉末で甘味があり、

  水によく溶ける

|

« 「綾小路きみまろ」ライブ | トップページ | へそ大根 »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。