« 2009・11 手芸愛好会  簡単お地蔵様作り | トップページ | キュウリの佃煮 »

トリノ・エジプト展鑑賞

トリノ・エジプト展を宮城県美術館で鑑賞してきました。

冬季オリンピックが開催されたイタリアのトリノ。

そこにあるトリノ・エジプト博物館からの出品です。

ここには、世界屈指のエジプトコレクションが数多くあるのだそうです。

カイロ博物館にあるツタンカーメンの黄金マスクが、1965年

上野国立博物館で、公開2009_1212_103921dsc05708されましたが、私は、その「黄金のマスク」を

見ることはできなかったので、今回の公開を

大変楽しみにしていました。

今回は、初めて館外出品されたという

「アメン神とツタンカーメン王の像」

(入場券の写真、左、アメン神、右、ツタンカーメン)をはじめとして、

大型彫像やミイラ、彩色木棺、死者の書、パピルス文書、

ステラ(石碑)など、選りすぐりの名品、約120点を日本で

初公開したのだそうです。

3000年以上を経ても、今なお完全な形で残っているのには、本当に

びっくりするやら、感心するやら、時間のたつのも忘れて見入って

しまいました。

古代エジプトでは、ミイラは「死後再生、復興する」という思想があり、

遺体をミイラとして保存していたのだそうです。

実際、布でぐるぐる巻かれていたミイラも、ガラスケースに

展示されていました。

また、このミイラを入れた、素晴らしい彫刻と彩色された木棺も

たくさん展示されていました。

ツタンカーメン王については、短い生涯(死亡推定年齢19才)だった

ということを知り、ツタンカーメン像を特別な思いで見てきました。

エジプトのカイロ博物館には、「ツタンカーメン」の部屋があり、

あの黄金マスクも展示されているとのこと、「行ってみたい」と

いう気持ちがより強くなりました。

このトリノ・エジプト展を鑑賞して、古代エジプトについて今まで

知らなかったたくさんの事を知ることができ、大変勉強になりました。

|

« 2009・11 手芸愛好会  簡単お地蔵様作り | トップページ | キュウリの佃煮 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。