« 2009.夏の旅 4  漬物の味   | トップページ | 2009.健康診断から  2  中性脂肪 »

2009.健康診断から  1 コレステロール比

8月に受けた市の健康診断の結果が、先日届きました。この中で、

コレステロールが昨年から、HDL、LDLとに分けて記入されるように

なりましたが、この理由が最近分りました。

それは、このHDL(善玉)、LDL(悪玉)のをみることこそ

大切だからだそうです。

総コレステロールを見て「下がった」といって喜んではいられないと

いうこと、コレステロールのLDLとHDLのが問題だということを

知りました。

すなのわち、LDL÷HDLの数値2以下が゛望ましく、いくら

LDLを下げても、余分なコレステロールを運んでくれる

HDLが低ければ、その比は高くなるので、脳梗塞や心筋梗塞に

なる危険信号が灯るとのことです。

LDLとHDLの2.5以上は、危険水域だと知り、「2,5」を過ぎている

私は、早速お医者さんに行って、相談してみようと思ています。

運動も意識して取り入れ、食生活は注意しているのですが、、、。

|

« 2009.夏の旅 4  漬物の味   | トップページ | 2009.健康診断から  2  中性脂肪 »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。