« 2009 菩提寺の蓮の花 | トップページ | かやの実 »

きらめく地中海文明の至宝 古代カルタゴとローマ展  ②

2009_0805_073257cimg3101 古代カルタゴとローマ展を見に行った帰り、

博物館のレストランで、カルタゴランチ

味わってきました。

地中海の香りのする「ランチのメニュー」をを紹介いたします。

   ・カサゴフライ  ・チキングリル  ・クスクス(フライやチキンの

    下に敷かれています。)  

   ・ポテトニョッキ  ・ラタトーユ   ・フランスパン    

   ・ルッコラ(赤野菜、黄野菜ドレッシング、ジェノバソースの

    三種ソースのモザイク仕立て)

      ・ボイルエッグとベーコンのスープ

   ・紅茶風味のフルーツコンポート  ・コーヒー

   ・7種のハーブを漬けこんだオリーブオイル

    (パンにつけて食べます)

盛り付け、色合いなど見ただけで、地中海の香りのするランチで、

特にソースの使い方が、とても参考になりました。

また、食べてみたかったクスクスというものや、オリーブ油に

色々なハーブを漬けこむ、風味豊かになってパンにも

つけて食べられるということもわかりました。

オリーブオイルの瓶に鷹の爪、ローリェが入っているのは、はっきり

分りましたが、その他のハーブの名前は、ちょっと分りませんでした。

この日は、ランチまでカルタゴで、紀元前のリッチな気分に浸って

帰ってきました。

|

« 2009 菩提寺の蓮の花 | トップページ | かやの実 »

料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。