« きらめく地中海文明の至宝 古代カルタゴとローマ展  ② | トップページ | 今年こそウニ丼を !! »

かやの実

2009_0716_090435cimg3020 奥松島縄文村歴史資料館のウニに関するイベントが、

奥松島の史跡公園であったとき、途中の道ばたに、

まだ青い木の実が、たくさん落ちていました。

道の近くには、見るからに年数の経った太い太い

モミの木に似た木が、大空に向かってどぉ~んと

そびえていました。

その木の実のにおいを噛んでみて、

かつて食べた、かやの実せんべいに入っていた、

かやの実のにおいと同じだということを、

思い出しました。

2009_0712_170217dsc05100 かやの実は、加工された状態の

実は見ていますが、

生かやの実は初めてです。

このかやの木のあるあたりは、

縄文の昔から、風景は変わって

いないといわれているので、もしかして、この太い太いかやの

木も、悠久の昔から生えていたのかもしれません。

そう思うと、言い知れぬ感動を憶え、拾ってきたかやの実が、

愛おしくくさえなりました。

|

« きらめく地中海文明の至宝 古代カルタゴとローマ展  ② | トップページ | 今年こそウニ丼を !! »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。