« 2009.縄文村イベント 「縄文グルメを食そう 」 潮干狩り | トップページ | 春の山菜  8  しどけ »

東松島縄文村歴史資料館リニューアル  

2009_0426_050106cimg2672東松島市にある縄文村歴史資料館

この3月にリニューアルオープンました。

私は、潮干狩り(昨日のブログで紹介して

います。)が終わった後、

ゆっくりと館内を見て歩きました。

最初に目を奪2009_0426_050040cimg2669_3われたのは 里浜縄文人と現代人の骨の

レプリカです。これを見ると、

縄文時代の人と現代の人の

骨格の違いが、はっきり見て

取れます。(写真の上が縄文人、下が現代人)

中でも、縄文時代のすねの

部分の骨はかなり太くなっているのには、びっくりして

しまいました

日常、狩りをして野山を駆け巡って生活をしていた

縄文人の骨は、やっぱりすごいですね !!

便利になりすぎた中に生きる私たちが、しっかりとした骨を

作るためには、いかに運動が大切かを教えらた展示物でした。

このほかにも、新しい展示物がたくさんあったので、

これからも紹介していきたいと思います。

|

« 2009.縄文村イベント 「縄文グルメを食そう 」 潮干狩り | トップページ | 春の山菜  8  しどけ »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。