« 春の山菜 9  こごみの種類 | トップページ | 手作りがんづき »

2009.縄文グルメを食そう  「あさりの豆知識」

過日、ブログでも紹介しましたが、東松島市の縄文村歴史資料館の

行事の潮干狩り参加したとき、学芸員の方に

あさりについていろいろ教えていただきました。

あさりの栄養素

 ・ 質なタンパク質・・・・疲労回復

 ・ ビタミンB1、2     ・・・・貧血防止   肝臓の強化

 ・ アミノスルホン酸 ・・・・血液サラサラ、コレステロールを

                 体内から排出

冬輪

2009_0514_142656dsc04854_2   樹木の年輪を見て木の年齢が分かるように、

  貝にも1日1本日輪ができるのだそうです。

  海水の温度が低い時は、

 成長の速度が遅く なるため

、成長の幅が狭く、(目が詰まる)

 寒い月が続くと段差ができ、これを

 冬輪といのだそうです。

 この段差からの本数で、獲れた季節、あさりの

 死んだ季節がわかり、この冬輪を見て、縄文人が

 あさりを獲った季節がわかるんだそうです。

 この冬輪は、肉眼でもおおよそ推定出来るということなので、、

 私も購入してきたあさりを、気をつけて観るようになりました。

 

|

« 春の山菜 9  こごみの種類 | トップページ | 手作りがんづき »

料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。