« 脳ドックを受診して | トップページ | シジミ貝のつるし飾り »

認知症予防に運動と笑い

昨日のブログに「脳ドック」を受けたことを載せましたが、

2009_0124_112519dsc04433_2 しばらく前、河北新聞に

「認知症の予防に

笑いと運動」という記事が

載っていました。

脳神経科外科病院のお医者さんのお話でした。

それによると、実験の結果、「運動も笑い脳の血流量を

増やす効果があ.る」ということが、わかったそうです。

血流低下で、脳の神経細胞が栄養失調になり、萎縮を引き起こし、

脳がスカスカの状態になるのが、認知症とのこと。

認知症にならないようにする最良の方法は、運動をし、

笑いのある楽しい生活をすることのようです。

私は、週に何度か、友達とパークゴルフをしていますが、

そのプレー中もみんなで何回も大笑いするので、

認知症予防の上からもなかなか理にかなった運動を

しているんだと、改めて気付かされました。

これから季節もよくなるので、さらにウォーキングや山登り、

ボーリングなども加えていきたいと思っています。

そして、一日の終わりに、「今日も楽しくすごした」と思えるような日を

一日でも多くしてきたいと思います。

|

« 脳ドックを受診して | トップページ | シジミ貝のつるし飾り »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。