« ブロッコリーの芯の使い方 | トップページ | 初めてづくしの仙台ナイトツアー  ③  仙台城址と仙台の夜景 »

初めてづくしの仙台ナイトツアー  ② 天文台見学

一昨日、紹介した「仙台のナイトツアー」、2ヵ所目は、7月に移転、新設された

「仙台市天文台」でした。

2008_1114_061929cimg2188 この天文台へは、11月に「ぐるっと

仙台ツアー」に参加したとき、すでに

見学していますが(11月22日のブログ)、

今回は私の念願であった、

星の観測ができるとのことで、

すっごく楽しみにしていました。

ブラネタリウムは、前回は「太陽」についてでしたが、今回は「冬の星座」

ついての映写だったので、また、新しいことをいろいろ知ることができました。

プラネタリウムの夜空は、午後11時ごろ見える星々なんだそうです。

何回見てもプラネタリウムは、すばらしく、見ていると宇宙についてもっともっと

知りたくなります。

前日から天気のことを心配していましたが、朝からどんより、夕方は、

小雨も降り、星の観察はできないだろうと思って、がっかりしながら

出かけました。

ところが、天文台についたころには、14夜の月がこうこうと照り、星も

輝きを増し、絶好の観測日和になっていました。

神様が私の願いを聞いてくれたようにおもいます。

国内3番目の大きさを誇る、口径1、3mの望遠レンズで見た星は、

アンドロメダの星座の中にある「アルマーク」という星だそうです

今の時期は、天頂に見えるそうです。

望遠レンズをのぞいて、この二つの寄り添う星が見えた時、

言い知れぬ感動を覚えました。

そして、私の願いがかなった瞬間でもありました。

星の観測日には毎年多くの人々が押し掛け、相当長い時間並ぶとのこと。

個人で行っても、観測するまでには大変なようです。

このナイトツアーに参加できたのはもちろんのこと、晴れた日で、

本当によかったです。

 

|

« ブロッコリーの芯の使い方 | トップページ | 初めてづくしの仙台ナイトツアー  ③  仙台城址と仙台の夜景 »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。