« 吊るし飾りの輪  1   竹で作る   | トップページ | 初めての大根狩り »

「柿の鈴なり」の鈴なりとは?

2008_1109_125700dsc04136 ことしは我が家の柿の木に、たくさんの

実が鈴なりになり、焼酎抜きを

したり、干し柿にしたりと、柿の

味を存分に味わうことが

出来ました。

ところで、柿の実の鈴なりをみて

どうして鈴なりと言うのか、広辞苑で

調べてみました。

    果実などが神楽鈴などのように多く群がって房をなすこと

とありました。神楽鈴に似ているのでそういうようになったんですね。

その神楽鈴とは 

   里神楽を舞うときに用いる鈴。鈴を12個、または15個むすんで、

   柄をつけたもの。

そういえば、祭りなどに子供たちが、何個も束ねた鈴を持ったり、

帯につけたりしていますが、あれも神楽鈴からきているんでしょうね。

疑問がまたひとつ解け、すっきりしました。  

|

« 吊るし飾りの輪  1   竹で作る   | トップページ | 初めての大根狩り »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。