« 我が家のライラック | トップページ | 4月の石巻「知産地賞の会」 »

紅菜苔

1935 赤い茎の菜の花という感じの野菜です。ラベルには

紅菜苔(こうさいたい)と書いてありました。

地元で始めてみる野菜だったので、買ってみました。

インターネットで調べたら、お浸しや胡麻和え、油炒めがおいしいと

あったので、私は1988 胡麻和えをしてみました。

ゆでると赤い茎はすっかり緑色になって、菜の花と

変わりない感じでしたが、食べては、太くて柔らかい

ワラビのような食感で、胡麻和えがとてもおいしかったです。

翌日また買いに行ったら売り切れとのこと、紅菜苔は人気の野菜の

仲間入りをしたようです。

紅菜苔

  アブラナ科の中国野菜。和名は紅菜花。

  赤い色素のアントシアンは寒さが増すほど、色をよくする。

|

« 我が家のライラック | トップページ | 4月の石巻「知産地賞の会」 »

料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。