« 春先にテントウムシが? | トップページ | きゅうりの古漬けの塩の抜き方    1 »

がばいばあちゃんのきゅうり漬け

先日、二人のタレントさんが、「かばいばあちゃん」の小説を書いた

島田洋七さんの家を訪れ、ばあちゃんの作っていたという

きゅうりの古漬け紹介していました。

そのタレントさん方はこの漬け物が一番おいしいと言っていたので、

きゅうりの古漬け大好きな私は早速作ってみました。

395_2 も古漬けのきゅうり漬けは、夏になるとたくさん作ります。

きゅうりは塩抜きをして、みじん切りのミョウガと和えて

食べるのが何より大好きですが、

このがばいばあちゃん漬け、塩抜きしたきゅうりに、

ごま油、ごま、顆粒だしを入れ、めんつゆ和えたものです。

(メモしなかったので、多分ですが、、、)

1756なんか聞いただけでもおいしそうです!!

実際に食べたら、やっぱりおいしかったです。

古漬けきゅうりの初めての味でした。

今年、古漬けを作ったら、私もたくさん作ってみようと思います。

1743_2 この時季でもきゅうりの古漬けは、いつもいく道の駅で

売っていました。

シソの実も添えてありました。

|

« 春先にテントウムシが? | トップページ | きゅうりの古漬けの塩の抜き方    1 »

料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。