« 大豆で創る五月人形 №2  | トップページ | 私の好きな風景 10 【春の麦田んぼ】 »

初めての土筆料理

4月の中頃、2回目のヨモギ摘みをしていたら、土筆がたくさん

でていたので、一緒に摘んできました。

いつも土筆のシーズンになると、「今年こそ土筆の料理を」と

思いつつ、気づいたときはもうスギナになっているので、

これまで土筆の料理を作ったことはありませんでした。

1812 今年はやっとその土筆料理が実現しました。

料理はインターネットで調べてから取りかかりました。

一本一本の「はかま」の部分をとり、一晩水につけて

アクを抜きましたが、はかまを取り終わって指を見ると、

爪の中まで真っ黒になっていました。

あの細くてかわいい土筆に、こんなにも強いアクがあ

いうことにびっくりしてしまいましした。

私は土筆をさあっと煮てから、油炒めと卵とじ作りました。

その他にも「佃煮、かき揚げ、土筆ご飯、胡麻和え、みそ汁の具」

などにいいそうです。

料理した土筆は、山菜特有のほろ苦さがあり、生で食べる三つ葉の

茎のような感じの歯ごたえでした。

今年は長年思っていた土筆の味をスギナになる前に、味わうことが

できてよかったです。(笑)

|

« 大豆で創る五月人形 №2  | トップページ | 私の好きな風景 10 【春の麦田んぼ】 »

料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。