« いぶりがっこつくり | トップページ | 石巻地域「食」の交流フォーラムに参加して 2 »

石巻地域「食」の交流フォーラムに参加して 1

先日、石巻地域「食」の交流フォーラムに参加しました。

この様子は地元の石巻かほく新聞でも取り上げられました。

第1部は、民族研究家の結城登美雄氏の「食を通じた地域連携」

という基調講演でした。その講演を聴いて、心に残ったことを

紹介します。1703_2

 ・ 日本の農業従事者の70%が60歳以上、

   そしてその中の40%が70歳以上。高齢化で

             食べるものを支えてくれている力が急速

             衰えてきている。

1705    これは漁業に携わる人にも同じことがいえる。 

  ・  324万人の農民と21万人の漁民は日本の人口の

   3%、食べる人は97%、これでは今後、日本の

            食卓は支えられなくなるだろう。      

    ・ 耕作放棄の田畑も年々目立ってきている。特に水田は

      ここ10年間で19、2%も消えている。

    ・ 世界的食料争奪戦も始まっている。(中国 13億人、

      インド11億人)このままでいったら近い将来、日本は食べ物に

      苦しむことになるだろう。

    ・ 私達は身近に生産者がいることを知り、食べる人が作る人を

      支えるようにしていかなければならない。

      みんなが支える農業(CSA)の試みとして宮城県大崎市鳴子の

      鬼首(おにこうべ)地区の取り組みが注目されている。

           C・・・OMMUNITY 

           S・・・UPPORT

           A・・・GRICULTURE

    ・ 民俗学者宮本常一氏は「自然は寂しい。でも人の手が加わると

      温かくなる」ということばを残している。

      棚田100選も見られるのは今のうちだろう。温かなものを求めて、

      歩いてみよう。

    ・ ソクラテスのことば

      この世にはあきらめてならないことがある。

      失ってはならないものがある。

      それは生命と生存のための食料である。

      それを育ててくれる人と農地である。

    ・ 身近に生産者がいることは、立派な建物や高速道路が

      あることよりすばらしいことである。ここに暮らすことが

      安心安全た゜という時代はやってくるだろう。

    ・ 農業や漁業が、がんばれる町になるために、みんなで

      支え合っていかなければならない。

日本の食料の自給率39%と言われています。日頃これらに関して

あまり考えたことのない私は、これからさらに食料事情が厳しくなって

いくということを知り、大変衝撃を受けました。

CSAの農業や漁業が多くなるよう、私のできることで応援して

いきたいと思いました。

|

« いぶりがっこつくり | トップページ | 石巻地域「食」の交流フォーラムに参加して 2 »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。