« お茶について 2 お茶の効用  | トップページ | お茶について 4 お茶で料理をおいしく »

お茶について 3 古くなったお茶の利用法

昨日もあげましたが、とうほく蘭展&バラとガーデニングフェスタ

2008の会場でお茶についてのパンフレットを頂いてきました。

その中に、古くなったお茶の利用法というのがありました。

 1645          1  茶風呂

    ガーゼやメッシュなどの袋に茶葉を入れ、浸しておく。

 2  冷蔵庫の臭い消し

             古くなった茶は、フライパンなどで焙(ほう)じれば、

    焙じ茶として十分使える。しかし、2年も3年もしまい込んで

    いたものは、紙袋や布袋に入れて冷蔵庫の中に入れておく。

    茶は吸湿性も高く、冷蔵庫内のにおい消しになる。

 3、塗料などの臭い消し

    火にかけたフライパンに古い茶などをいれていぶし、部屋中に

    煙を回す。2~3時間すると臭いがとれる。部屋の臭い消しにもなる。

 4  洋服タンス、トイレの臭い消し

    乾燥させた茶を気の利いた小袋に入れ、洋服タンスやトイレに

    入れておくと、洋服に付いたタバコの臭いやトイレの臭いが消える。

 5  容器の臭い消し

    空き缶に茶を保存したいとき、茶をフライパンなどに入れていぶし、

    空き缶を煙の上からかぶせるように暫く置くと臭いが消え、お茶を

    入れても空き缶の臭いが移らない。

このパンフレットをみて、お茶は飲むだけでなく、いろいろな使い道が

あることを知り、大変参考になりました。

     

|

« お茶について 2 お茶の効用  | トップページ | お茶について 4 お茶で料理をおいしく »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。