« 大地震に備えて 6 (食料の備蓄) | トップページ | フライパンでナン作り »

10年日記

私は日記をつけ初めてから、18年ほどになります。

「10年日記というのがある」とラジオで聞いてからのことです。

一冊に10年もの間日記を書く これおもしろい」と思いました。

その日記帳はA4版で、1ページに月日が2日分書いてあり、

その下に10年分の欄が印刷されています。

1日分、巾5㍉の欄が5行、長さ8、3㌢のスペースです。

{これなら続けられるかも}と思い、書き始めました。

1日の出来事のほかに、毎月の給料やボーナスの明細票、

検診の結果の通知書、電化製品や車などの領収書、旅行の日程表、

1564お節料理や家族の乗った乗用車の写真、

そのころの野菜の値段、家庭菜園の播種や収穫など

もあります。

まさに我が家の10年分の歴史がぎっしりと詰まった宝物です。

ちょうどこの日記をつけ終わったところで、私も退職しました。

記入しない日もありましたが、それでもこの日記帳、3000回以上は

手にしていると思います。それでこの程度の体裁で残っていることは

驚きですが、もっと驚いていることは、何かと途中で投げ出すことが

多い私が、3000日以上もの間続けられた事です。

1566 10年日記はこの一冊だけで、以後は持ち運びに

便利なB5版の3年日記にしています。

日常生活で、書くということがほとんどなくなったので、

せめて一日に一回は、日記帳にペンを走らせたいと思っています。

|

« 大地震に備えて 6 (食料の備蓄) | トップページ | フライパンでナン作り »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。