« 古代米 2 観賞用として | トップページ | 富士山  4  富士山効果 »

古代米 3 箸置き作り

1504 テレビで古代米のわらを使って箸置を作って

いると聞いたので、私もまねして作ってみました。

私の持っている黒米のわらを使いました。

その時、何本かのわらを縄状に編んでみて思い出しました。

そのままわらを編んだのでは、わらの茎が折れ曲がって

うまく編めないということを。

昔、農家をしている友達のおばあさんが、わらをたたいてわらじを

編んでいたことを思い出したんです。そのおばあさんは木槌で

わらをたたいていました。私達もその時やらせてもらいました。

今回、私は10本ほどのわらでしたが、木の台に載せてペットボトルに

水を入れてたたいてみました。それでもわらが柔らかくなって

編みやすくなり、綺麗に仕上げることができました。

体で覚えたことは、忘れないものですね。

それにしても稲穂のついた箸置なんて

なんとおしゃれなんでしょう!

今年の秋は白米の稲を頂いて、わらのクラフト作りをしてみたいと

思っています。たくさんのわらをたたいたあの感触を

思い出しながら、、、。

|

« 古代米 2 観賞用として | トップページ | 富士山  4  富士山効果 »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。