« 梅干しジュース | トップページ | 夕張メロンの漬け物 »

満願寺唐辛子

498 夏頃、仙台のデパ地下で京都の満願寺唐辛子

いうのが売っていました。普通の唐辛子と比べて

倍以上の大きさなので、さぞかし辛いだろうと

思いましたが、食べたことがなかったので買ってきて食べてみました。

売っていた方にさあっとあぶって、鰹節としょうゆをかけて食べると

おいしいと教えられたので、その通りやってみました。

辛いどころか、甘みがあって唐辛子の香りが口の中いっぱいに

広がり、とてもおいしかったです。

辛さは大きさには関係ないんですね。

満願寺という名前は、その唐辛子の作られたところの地名なんだ

そうで、この満願寺唐辛子は唐辛子の王様いわれ、京の

伝統野菜の指定になっているとのことです。

その他、伏見唐辛子というのもあり、これも伝統の野菜になって

いるのだそうです。

今日は京野菜についていろいろ知ることが出来ました。

|

« 梅干しジュース | トップページ | 夕張メロンの漬け物 »

料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。