« ほやライト | トップページ | 絵画展を鑑賞して »

嚥下力を高める黒こしょう

Photo 5月13日、宮城県の地元紙、河北新聞朝刊第1面に

「嚥下力改善パッチ開発」、「黒こしょうの香り 脳血流刺激

「高齢者向け、東北大の研究活用」

いう記事が大きく載りました。

食べものを飲み込む力が衰えた高齢者に黒こしょうの香りを

かがせて脳を刺激し、飲み下す力を高めて肺炎の予防を図る製品を、

仙台の調剤薬局チェーンが開発したという内容でした。

私は、母が高齢のため、食事の度に食べ物がのどに詰まり、大変な思いを

しながら食事をさせていましたし、4月初めにはそれが原因で肺炎になって

しまったので、すがる思いで791 早速取り寄せ、それ以来ずうっと使用しています。

今、母は医療施設に入っていますが、お医者さんの許可を

頂いて、毎日その黒こしょうのパッチをつけています。

確かに以前に比べ、詰まらせる回数は減少してきたように思います。

製品は黒こしょうの精油をしみこませた縦6,5㌢、横4㌢のシートを、

24時間下着の胸元などに貼っておくというものです。

この黒こしょうの刺激が脳に伝わって、脳血流が刺激され、

物を飲み込む嚥下反射の働きを促すとのことです。

東北大学の研究にも活用されているそうです。

値段は、一箱30枚入り、3800円です。

新聞やテレビ、インターネットなどから情報を得るということは、

生活を向上させてしていくために大切なことですね。

|

« ほやライト | トップページ | 絵画展を鑑賞して »

介護」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。