« サンマ ①  開き干し | トップページ | 鬼首(おにこうべ)リンドウ »

大地震に備えて 2 (テレビから学ぶ)

昨日、しばらく録りためておいたDVDを早回しで見ていたら、

8/30の「おもいっりテレビ」で地震のことを取り上げていました。

テーマは「大地震から生き残る」・・・「新潟中越沖地震に学ぶ防災

最新情報」

それによると今後30年以内に震度6以上に見舞われる確率として、

私の住んでいるここ宮城で、宮城県沖地震(M7,5前後99㌫

とのこと、高い確率とは知っていましたが、99㌫と知り、

びっくりしてしまいました。いつおきてもおかしくないって

いうことですよね。30年ではなく30以内なのですから、、、。

まず、飲み水のことですが

   ① 飲み水と食料は3日分用意する。

      高層マンションの方は週間分以上備蓄しておく。

   ② 一日に必要な水は一人1㍑

   ③ トイレタンクの水は常に流れているので新鮮

     飲み水にできる。

    ・  日頃からタンクの上では手を洗わない。

    ・  月に一回はタンクの中の水垢をとる。

    ・  タンクの水を使うときは、水を流す取っ手を

       ガムテープで留めて、水をながせないようにする。

ということです。

私は早速今朝、1時間ほどかけて、タンク内の掃除をしました。

868 そこで役に立ったのが、100円ショップで買って

いたボトル用の大ブラシと簡易じょうろの

ペットボトルにつける口でした。

大ブラシは柄が長いので、タンクの底まで届き、きれいに洗う

ことができました。そのほか竹串、新しい歯ブラシ、消毒用

アルコールなどを準備しました。

865 タンクの中はいろいろ込み入っていて(写真)、

容器を入れて水をくみ出すことはできそうも

ないので、石油を入れるとき使うホースを買って来て、

準備しておこうと思います。

タンクには、8㍑~10リットルもの水が常に備蓄されて

いるのだそうです。手洗いは我が家ではタンクの上では

水がはねるので、洗面所で洗う事になっています。

だから、衛生面は大丈夫だと思います。

タンクの掃除だけは月3回ぐらい忘れずにやって、

いつでも飲めるようにしておきたいと思います。

|

« サンマ ①  開き干し | トップページ | 鬼首(おにこうべ)リンドウ »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。