« トマトソース作り | トップページ | 堅い胡桃の殻が簡単に !! »

冬瓜と夕顔の違いって ?

567 ご近所の方が、農家の方から頂いたと写真の野菜を

持ってきてくださいました。農家の方は夕顔といって

くださったそうです。長さ56㌢、直径21㌢の大きな

瓜です。私は冬瓜だとおもっていたのですが、、、。

私もはっきりわからなかったので、インターネットで調べて

見ました。

インターネットから

夕顔は熱帯アジア原産のウリ科植物で、花が夕刻に咲き、

翌朝にはしぼむので夕顔と呼ばれもようになりました。

植物の形はヒョウタンと類似し、果実は長円形で、マルユウガオの

白色の果肉を紐状に剥いて、天日で乾燥し干瓢を作ります。

トウガンは元々の名称は「とうが」で、これが転じて「とうがん」となり、

「冬瓜」の字が宛てられました。また、果実を丸のまま冷暗所に置けば

冬まで保存できるとされることから「冬瓜」と書かれたともいわれて

います。形は長楕円形をしています。

雌雄異花で、「冬瓜(トウガン)の花は咲いても百に一つ」と、

言われるように、一つの蔓に無数の花を着けますが、結実するのは

数個で、無駄花、アダ花が多いことの例えにもなっています。

果実は、煮て「あんかけ」などにして食べます。

どちらもウリ科なので大変似ています。

今日、八百屋さんでは写真と同じ物が、夕顔として売られて

いました。

上記の特徴からするとこれは冬瓜とおもうのですが、、、。

とにかく、これから冬瓜や夕顔のの季節なので、いろいろな

料理を作ってみたいと思います。

月6日のブログに、冬瓜と夕顔の違いがはっきりした

ことを載せています。

|

« トマトソース作り | トップページ | 堅い胡桃の殻が簡単に !! »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。