« 昭和初期のテスト問題 1  | トップページ | 昭和初期のテスト問題 3 »

昭和初期のテスト問題 2

今日は理科の問題を紹介いたします。

  ・ 酸の種類とその性質につきて書け。

  ・ 中和につきて説明せよ。

     ・ 種の発芽につきて必要とすることを書け。

  ・ いかとたこの違いにつきて書け。

  ・ 流水の三作用につきて書け。

  ・ 熱の移り方につきて書け。

  ・ 光の反射につきて書け。

  ・ 音につきて書け。

  ・ じしゃくの性質につきて書け。

  ・ 電気の性質につきて書け。

         ・

         ・ 

問題も印刷なっているのではなく、先生が黒板に書いたものを

写したのではないかと思われます薄いわら半紙に青インクで

書かれているので、表の問題が裏の問題にもしみていて

見にくい感じです。点数は10点満点のようです。

テストによっては、親の「見ました」というサインも書いてありました。

|

« 昭和初期のテスト問題 1  | トップページ | 昭和初期のテスト問題 3 »

教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。